エンディングノートを残す意味メインビジュアル

エンディングノートを残す意味

エンディングノートをご存知ですか?エンディングノートは、あなたの生きてきた証となり、残された家族のために必要な“あなたの意思”を伝えるものです。 さらに、生まれてから現在に至るまで、どんな人と出会い、どんなことを経験し、どんな暮らしをしてきたかを、改めて見つめ直すきっかけにもなります。 エンディングノートには、法的効力はありません。しかし、ご自分の終末医療に対する考え方や財産処理に対する思いなどを記入することで、万が一コミュニケーションが取れなくなってしまった場合でも、 ご家族への負担を減らすことができるでしょう。 孤立死や突然死等も増加し、超高齢化社会の中においては、“生死に向き合うこと”も多くなっていきますので、エンディングノートについて、充分に理解を持っておくことが必要です。 法的効力のある遺言書とうまく使い分け、残されたご家族が相続や、身辺整理など困らずに行えるようにできするためにも、相続・遺言の専門家(弁護士・税理士・司法書士)に相談するといいでしょう。 昨今日本では、超高齢化社会・核家族化問題など、家族関係の希薄化が叫ばれていますが、 『エンディングノート』は、もう一度、家族との関係を深め、今後の人生を家族とどのように過ごしていくかなど、話し合うきっかけにもなります。ぜひご活用ください。

障害年金と家族のイメージ

エンディングノートとは

エンディングノートの主な役割は、「自分が死んだ後または死の間際に当たって、家族に自分の思いを伝える。」ことです。また、エンディングノートを記載することで、今までの人生を振り返ることができ、残りの人生をどのように 生きるか考えをまとめやすくなります。法的な効力はありませんが、自由な形式で書くことができるエンディングノートは、気軽に始めることができます。ご自身の気持ちを整理でき、残されたご家族へ思いを伝えられるエンディングノート。ぜひ終活のひとつにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
もっと詳しく

年金手帳

遺言書との違い

エンディングノートには、法的効力はありません。自身の死後における遺産などの取り扱いについては、相続・遺言の専門家(弁護士・税理士・司法書士)に助言をもらいながら、遺言書を作成することをおすすめします。エンディングノートには、介護・延命治療・葬儀・埋葬方法・財産等に関する自身の希望をつづることで、スムーズに手続を済ませられるようになり、遺族の負担を軽減するの役立ちますので、遺言書とエンディングノートの違いを把握して、上手に使い分けることをおすすめします。
もっと詳しく

障害者のための車椅子

エンディングノートの作り方

エンディングノートの記載方法は、基本的に自由です。ただ、なにを書いたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そのような方は、項目が用意されているノートなどを、書店やインターネットサイトなどで購入することをおすすめします。記載する内容についてですが、自分自身について(生年月日・住所・本籍地)、個人情報について(携帯電話番号・パスポート・運転免許証・マイナンバーカードなど)、個人的に契約しているもの(生命保険・その他保険の契約・インターネットの契約・その他)などの情報の共有から、葬儀について(葬儀の規模や参列してほしい方、喪主を任せたい方)、医療・介護について(アレルギーや持病、常用薬など)など認知症などによる判断力の低下や、意識不明・重篤な状態になったりした場合のために、死に際についての意思表示をすることも大切です。
もっと詳しく

専門家に相談する

遺言とエンディングノートは、自分の意思を死後に遺すという意味では似ていますが、法的効力があるかどうかの決定的な違いがあります。 エンディングノートには、法的効力はありませんが、自分の意思を伝えるために非常に役に立ちます。法的効力のある遺言書とエンディングノートを上手に使い分けることで、 死後、ご遺族に迷惑をかけることも少なくなるでしょう。 「法的効力を持たせたかったのに、死後に無効と判断されてしまった。」「大切なことを伝え忘れてしまった。」など、死後後悔しないためにも、遺産相続の専門家、法律の専門家に相談しましょう。
もっと詳しく